IR

IR情報

CSR

レスポンシブル・ケア活動

レスポンシブル・ケア活動とは

化学物質の開発から製造、物流、使用、最終消費を経て廃棄に至るすべての過程において、自主的に環境・健康・安全を確保し、その成果を公表し社会との対話・コミュニケーションを行う活動です。

レスポンシブル・ケア推進体制

レスポンシブル・ケアを推進するため、当社では「レスポンシブル・ケア(RC)委員会」を設置しております。RC委員会は代表取締役社長を委員長とし、各部門長などを委員として構成されています。

構成図

レスポンスブル・ケア基本方針

  1. 化学物質の全ライフサイクルにおいて、安全及び健康を確保し環境を保護する観点から、事業活動を見直すとともに改善に努めます。
  2. 生産活動において、従来型の環境保全はもとより、原料転換、省エネルギー、廃棄物の減量・再資源化、化学物質の排出量削減等を推進し、地球環境に対する負荷の低減に努めます。
  3. 新製品開発、新規事業、設備の新設・増設・改造において、安全及び健康の確保と環境の保護に配慮します。
  4. 安全及び健康の確保と環境の保護に寄与する研究開発、技術開発を推進し、代替製品・新製品の事業化の推進を図ります。
  5. 製品や取り扱い物質の安全・健康・環境面の影響に関する調査を行い、安全な使用と取り扱いに関する情報を、従業員に周知するとともに顧客に提供します。
  6. 海外事業、技術移転、化学製品の国際取引において、安全及び健康の確保と環境の保護に配慮します。
  7. 国際規則及び国内関係法令等を遵守するとともに、国際関係機関、国内外の行政機関等への協力に努めます。
  8. 環境の保護に関する諸活動に積極的に参加するとともに、社会との対話を深め、理解と信頼の向上に努めます。

地域社会への貢献活動

収穫祭の実施

当社では毎年つくば研究所とみのり農事試験場で交互に、近隣農家の皆様、関係企業の皆様などをお招きして収穫祭を実施しております。同時に研究所、農事試験場見学会を開催し、当社の研究活動や農薬に関する理解を深めて頂くとともに、みのり農事試験場で栽培した農産物をお配りしております。

  • 収穫祭の実施-1
  • 収穫祭の実施-2
  • 収穫祭の実施-3

環境美化活動

毎月みのり農事試験場では、試験場周辺の地域清掃活動を行っております。

環境美化活動

海外ファーマーズミーティング

海外での農薬普及活動として、現地農家の皆様に対しファーマーズミーティング(農薬研修会)を実施しております。新興国ではまだまだ農薬に関する知識、理解が低く、当社の農薬紹介だけでなく、基本的な農薬の使い方や病害・栽培に関するアドバイスも行い、現地の農業レベル向上に貢献しています。

  • 海外ファーマーズミーティング-1
  • 海外ファーマーズミーティング-2
  • 海外ファーマーズミーティング-3