RECRUIT

採用情報

Message

メッセージ

製剤とは「有効成分を最大限に
活かし、アイディアを
形にする」 業務です

つくば研究所 製剤チーム
2017年入社

Q | 担当業務について教えてください。

有効成分の特性を活かし、農薬の効果を高め、
農薬散布の省力化に貢献する業務です。

私は製剤チームに所属しています。農薬の有効成分を原体と呼びます。原体はごく少量で病害虫や雑草に効果を発現しますが、広い圃場や畑地、水田に均一に原体のままで散布するのは不可能です。そこで製剤の出番です!!
製剤とは原体と界面活性剤や分散剤などの補助成分を組み合わせて、様々な剤型に加工したものです。製剤化することで広い農地に均一に散布することを可能にし、散布も容易になるので農業の省力化に貢献できます。また、原体の効果を高めることも可能にします。原体によって特性が異なるので、その原体に合わせた多種多様な補助成分の組合せを考える必要があり、センスを持って原体をうまく調理する料理人のような業務です。

Q | 入社理由を教えてください。

自分の興味があった生物農薬の研究開発をしていたことがきっかけでした。

私は学生時代に植物病理学を専攻していました。なかでも生物防除に興味があり、学生時代も生物防除に関連した研究をしていたこともあって、自分の専攻や研究を活かし、社会の役に立てる仕事に就きたいと思っていました。そのような視点で会社を探していた中で、エス・ディー・エス バイオテックに出会いました。当社はインプレッション・クリアなどの生物農薬の研究、開発をしており、自分の興味があった分野の研究をしていること、かつ実績がある点に魅力を感じて、入社したいと考えました。
また、研究所見学の機会があり、先輩社員の方や研究所の良い雰囲気が自分に合っていると感じ、この会社で働きたいと考ました。

Q | この仕事の魅力とやりがいはどんなどころですか?

製剤次第で有効成分をより効果的にできるところがこの仕事の魅力であり、やりがいでもあります。

どんなに優れた活性を持つ原体であったとしても圃場や畑地に散布する場合は製剤の形になります。そして製剤処方次第では原体の活性を活かす事も失活させることもあります。様々な補助成分の組み合わせを試行錯誤し、より良い製品として完成させることがこの仕事の魅力であり、やりがいでもあります。また、自分が創意工夫することで原体の活性を最大限に発揮させることができた製剤が、世間に販売され農家の皆様の役に立ち、喜んでもらえる事もこの仕事のやりがいだと考えています。私自身も自分の処方で作製した製剤が販売されることを目指し、日々邁進しております。

Q | 今後の目標について教えてください。

新剤型を開発し、農家の皆様の役に立つ事を目標にしています。

第一の目標としては社会人そして製剤研究員として一人前になることです。現在は、入社一年目で研修を終えて製剤チームに配属されたばかりで、上司や先輩社員の優しくも厳しい指導の下、製剤について1から学んでいる段階です。一日も早く一人前になれるように勉強を続け、さらなる経験を積み、自分で考え抜いた処方で作製した製剤が上市されるよう努力を続けたいです。
第二の目標としては省力化新剤型の開発です。現在の国内農業は農業従事者の高齢化や農地集約による大規模運営が進み、効率化や省力化が望まれています。現在販売されている製剤でも、省力化を目的とした製剤が開発されていますが、私はさらに省力化が望める新しい剤型を開発したいと考えております。

先輩社員の一日

出社&メールチェック
会社に出社し、メールをチェックします。朝はチームのメンバーが全員集まるので先輩社員と研究に関してのディスカッションを行います。
粒剤処方検討
処方を考えて、実際にその処方を基に製剤を作製します。正しく製剤を作るためにも技術が必要であり、日々技術を磨いています。
昼休み
お昼は同期の社員と一緒に食べます。他愛のない話から研究に関する話までいろいろな事を話します。
作製した粒剤の評価
午前中に作製した製剤の有効成分や物性を評価します。評価の結果を基に次に組む処方を考えます。
片付け&書類仕事
使った道具を片付け、次の日に行う実験の準備をします。それから日中に行った研究結果をまとめて本日は終了です。